本番できる裏風俗女との援交体験の情報

池袋の女性

東京池袋には、隠れた風俗があることをご存知だろうか。実は裏風俗と呼ばれる、出会い系サイトを使わないと利用することができない風俗がある。東京池袋には、隠れた風俗があることをご存知だろうか。

実は裏風俗と呼ばれる、出会い系サイトを使わないと利用することができない風俗がある。デリヘルなどは電話を利用して指名をするが、この方法は援助する金額を出して、出会い系サイトで確保しなければならない。今回は東京池袋を利用したときの体験情報である。

裏風俗を利用するには、出会い系のサイトで掲示板から見つけなければならない。これが一番大変なことだ。本番が出来るといっても、情報どおりに見つけることが出来るか、これがかなり重要なこととなる。デリヘルと違って、電話さえすれば確実に利用できるわけではないのである。
とりあえず数名の女性にメッセージを送って、返信を待った。返してこない人もいるから、返してくる人と援助の交渉をすることは当然である。

裏風俗とは、色々な人に声をかけて、ようやくできることと考えて欲しい。

2人の女性から連絡が返ってきたので、2人に本番込みで、援助の相場について話をすることとした。援助を受ける側となる女性は、援助の相場を大体知っている。2人に3万円ほどでどうかと出したが、2人とも拒否された。4万出すと変更してみると、1人の女性との交渉が成立した。やはり情報戦術は確実なものにしているようで、3万では無理だった。
待ち合わせは東京池袋に決まった。裏風俗は、普通の風俗とは違い、自分たちで待ち合わせてホテルへ行く。仕事の帰りに待ち合わせをすると、とても裏風俗なんて知っている人とは思えない人が待っていた。髪は黒く、清楚な感じをしていたが、それは外見だけだった。すぐにホテルへ行くこと、中に出さないことを伝えられ、その場から去って近くのラブホに入ったのである。

女性は見た目よりも中身で考えたほうがいいのかもしれない。ただ裏風俗にとって、その人がどのような女性かは、知ることが困難なポイントとなっている。なるべく援助が終われば関係を絶ちたいのだが、この人とはなぜか数回のプレイをしている。相手が要求している以上、私はまた行かなければならないのだ。

デリヘルは電話を利用して指名をするが、この方法は援助する金額を出して、出会い系サイトで確保しなければならない。今回は東京池袋を利用したときの体験情報である。

参考情報

デリヘル本番